JOLT planning

JOLT planningは志あるクリエイターと出会い、舞台作品を中心とした創作活動をともに行うため私、松崎丈が立ち上げたプランニング&プロデュース・インスティチューションです。

脚本家・演出家・俳優として活動している私が観劇などを通じて「これはっ!」と見込んだクリエイターにお声をかけ、想いのこもった共同制作の果実をお客様にお届けすることを目的としています。

2019年、私は演劇経験の有無を問わず、舞台製作に興味のある人を広く募集して公演活動を行うtheater KANを立ち上げました。1年2カ月の間で4回の公演を行う中で、さまざまな可能性とともに「限界」も見えてきました。

その「限界」とは演技の上手い・下手、経験の有無、年齢などではなく、作品に主体的にコミットする情熱の問題でした。

この問題をクリアし、従来の活動形態から進化・発展するためには、演劇に情熱をささげる用意がある人たちをこちらからスカウトし、小劇場活動としては水準以上のリワードを提示させていただきながら、主催者と出演者・関係者双方にメリットのある形態の公演を行う体制を整えることが最善と考えました。

その一つの答えがJOLT planningです。

JOLT planningの主催する公演では、通常の小劇場活動で提示されるより水準の高い条件でクリエイターに創作活動に参加していただきます。

その分、クオリティの高い作品を情熱と想いを込めて作り上げ、お客様にお届けしたいと考えています。

この趣旨にご賛同いただけるクリエイターの皆様、ぜひご出演予定の公演を私、松崎丈に拝見させてください!それがきっかけとなり一緒に創作活動をできる御縁が生まれれば幸甚です。

演劇の力を信じる人たちとともに、一人でも多くのお客様に想いを届けるために、JOLT planningは邁進してまいります。

JOLT planning代表
松崎 丈のプロフィール

1978年11月22日
広島県生まれ

7歳で初舞台を踏む。
高校時代は社会人劇団に所属。
大学進学を機に上京。
大学で初めて自身の劇団を旗揚げ。
自身の作・演出で舞台作品を上演。
大学中退後、単身渡米。
ニューヨークで演劇を学ぶ。
帰朝後も断続的に演劇活動を続け、
2019年、40歳を迎えるのを機に
theater KANを旗揚げ。
1年2カ月のうちに4回の
公演を行うも発展的解消。
2020年「JOLT planning」を設立。