JOLT planning

theater KANプレ公演
朗読劇 初花~Souls never Die~

【とき】2019年7月15日

【ところ】新宿ゴールデン街劇場

【作・演出】松崎 丈

【出演】
竹下 群青(as 宮森 秀人)
松崎 丈(as 古澤 亮平)

【SPECIAL THANKS】
bae Penguin / ISLAND / ナチュハイ / Composite / Pazoo / Jeff / AshuraBar / SCALE / LOGOS / CREST / BanBan / 四居 / ICHARIBAR / atmarkbar TOKYO / る~びっくきゅうぶ / スナックやまだ / bar ブレスト / グータン / バブリングバー(敬称略)

【ストーリー】

ぶっきらぼうだが心根は優しい大工の亮平。思い込んだら一途で一直線なアートディーラーの秀人。建設現場で偶然出会った二人。お互いの第一印象は最悪だったが、時を経てやがて二人は恋に落ちた。

最初は順調だった彼らの恋も、しばらくするといろんな障害にぶつかり始める。すれ違う人生観、お互いの家族のこと。しかしさまざまな壁に突き当たり、そして乗り越えていくたびに彼らの絆は深くなり、ついに二人は共に生きる決意をする。彼らを引き裂くものなど何もなく、二人ならどんなことにも打ち勝っていけるはずだった…。

出会ってから5年が経とうとしていた頃、あまりにも無情な運命が秀人に告げられる。彼を襲ったのは手術でも治らず特効薬もない若年性アルツハイマー病だった。亮平は必死に秀人を支えようとするが、彼の症状は加速度的に進行してしまう。迫り来る不安と消えゆく記憶。そんな中、秀人はある決断を下す。二人の行く先に待っているのはいったいどんな結末なのか…。

2019年11月の旗揚げ公演を前にtheater KANが朗読劇でお届けする、悲しくて切なくて、そしてこの上なく愛おしい男と男のラブストーリー!

朗読は今までそこまで惹かれなかったが今回は引き込まれた。泣いた!

朗読劇特有の圧倒的なセリフ量、満足しました!

朗読劇は初めてだったのですが最後まで楽しめました!

誠実であったかくて良かったです。本公演も楽しみです!

朗読劇は初めて観ましたが、かなり集中してみられて新鮮な体験でした。

大変感動しました。大号泣!来てよかったです!

亡き母、認知症であったときとダブって感動した。

脚本の内容にとても感動しました。特に秀人と亮平、二人の関係性の変化に共感しました。

こんな展開、ずるいと思いつつ泣かされました。松崎さん、熱演!竹下さん、たどたどしい感じが逆によかったです!