英文法学習5つのポイントー前編ー

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

英語・英会話を習得するためには、英文法を学ぶことが不可欠です。
しかし、中・高6年間は英語を学ぶ人が多いのに、どうして日本人の多くは英語を自在に操れないのでしょうか?
端的に言えば、英文法の学び方を間違えているからです
今回は英文法学習における5つのポイントについて検討してみたいと思います。

1.「理解」を大切にする

英文法を学ぶ上で「暗記」が必要とされるのは事実です。
しかしそれは、理屈を抜きにした「丸暗記」ではなくて、「理解を伴う暗記」です。

助動詞のcanを例にとって考えてみましょう。
文法書などを見てみると、canには「能力」「可能性」「許可」「依頼」などの意味があると書かれています。
このような意味があることをきちんと理解した上で、例文を繰り返し練習して身に着けていくのが「理解を伴う暗記」…ではありません!これでは依然として単なる丸暗記です。

残念ながら「理解を重視します」「理論的にご指導します」と標榜しながら、旧態依然たる丸暗記型の文法指導をする英語教師は少なくありません

理解とは「なぜcanという1つの助動詞に様々な意味があるように見えるのか?」を知ることです。それを知った上で、例文を通して練習し覚えることが重要なのです。

理解が伴えば記憶も容易になりますし、応用が利くようになります。学んだことが活用できるようになれば達成感があり、モチベーションも上がります。

その一方で理解のない丸暗記では学習のモチベーションも上がりませんし、応用が利かないので膨大な記憶作業を必要とします。

これでは学習を継続できるはずもなく、結果として英語の習得が挫折する原因ともなってしまうのです。

2.疑問を持つ感性を大切に

丸暗記型の英文法学習を避けるためには、「なぜ?」という疑問を持つことが重要です。たとえば、

I like having a flower on my dining table.

I think a rose is the flower for her coming birthday party.

それぞれ「私は食卓にお花を飾るのが好き」「今度の彼女の誕生会のお花にはバラがいいと思う」という意味ですが、この英文と日本語訳を見たとき、そのままスルーしてしまう人と、「かたや”a flower”と言い、かたや”the flower”と言っているのはなぜだろう?」と疑問を感じる人とでは、文法の理解の深さに差が出ます。

「どうしてこんな形になるんだろう?」「なんでこんな意味になるんだろう?」という疑問を持つ感性がある人は、その疑問をきっかけとして英文法の理解を深めることができるのです。

一方、「何でもかんでも丸暗記!」という人は、自ら学習の機会を失っていると言えるでしょう。

すべての疑問を自力で解決することは難しいものです。しかしそのことを気に病む必要はありません。自力で解決できないことは、答えられる人に質問し、答えを教えてもらえばいいのですから。

筆者が一緒に英語を学んできた方の中には「こんな基本的なことを質問するのは申し訳ないのですが…」と気遣ってくださる人もいらっしゃるのですが、そんなことを気にする必要はまったくありません

むしろ「疑問は英語力向上の種」と思っていただいて、どんどん質問されるとよいと思います。

3.ネイティブ感覚を取り入れる

英文法を学ぶときは「理解が大事」だと言いましたが、そのときに有効なのが「ネイティヴ感覚を取り入れる」ということです。

現在完了形を例に考えてみましょう。
多くの日本人が現在完了形を苦手としていますが、それは「現在完了の形は『have+p.p.』、意味は『継続』『経験』『完了』『結果』の4つ」と丸暗記するからです。

そもそもネイティヴは「いまは『経験』について言いたいからhave+p.p.を使おう!」などと考えないはずです。そんな思考回路で話していたら、言葉がスムーズに口から出てこないでしょう。

「『完了』の用法のときは「~した」という意味になる!」などと覚えている人もいます。しかし「彼が昨日、私のオフィスに来た」というときに“He has come to my office yesterday.”とは言いません。“He came to my office yesterday.”です。

その一方で「やっと春が来ましたねえ」というときには“Finally, spring has come.”であって、“Finally, spring came.”とはなりません。

過去形は「現在とは切り離された過去」について述べるのに対して、現在完了形は常に「現在」に着目しているのです。

「彼が昨日、私のオフィスに来た」というときには「現在」の状態はまったく意識されていません。

それに対して「春が来ましたねえ」というときには話している「いまこのときも春」なのです。

現在完了形の単なる「意味」ではなくて、ネイティヴが現在完了を用いるときの「感覚」を理解している人は、決して上記のような間違いをすることはないでしょう。

このように英文法の学習にネイティヴの感覚を取り入れることは、文法の理解を深め、自分でも使うことができるようになるための近道なのです。

少し長くなってしまいました。残り2つのポイントは次回ご紹介したいと思います。
英文法学習は正しいアプローチで取り組めば、英語を習得する上でかなりの効果を発揮します。
そしてなにより、英文法を知ることは本来とても楽しいことなのです。
今回ご紹介した3つのポイントをぜひ学習に取り入れてみてください。